<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年07月09日

【物 流】JR貨物 鉄道コンテナの認知度向上・利用促進のためのキャンペーンを実施


日本貨物鉄道(以下 JR貨物)は、鉄道コンテナの認知度向上と利用促進を目指して「鉄道コンテナ利用キャンペーン2018」を実施する。

鉄道コンテナ輸送は、環境に優しいクリーンな輸送モードであるだけでなく、近年のトラックドライバー不足の不安を解消する最適な輸送手段である。JR貨物では鉄道コンテナ輸送を鉄道利用運送事業者と一体となって展開しており、多種多様なニーズに対応して様々な輸送サービスを提供している。今年度もJR貨物と全国通運連盟は共同で2019年3月末までキャンペーンを行う事となった。

■実施内容
<全国各地への出展イベント>
・12フィートコンテナの実物展示
・ビジネスサロンでの専門の相談員による質疑応答
・エコレールマーク認定商品の展示等
※各会場で開催日時と出展内容は異なる。

<「鉄道コンテナお試しキャンペーン」>
鉄道コンテナ輸送を検討中の方を対象に、コンテナの使い勝手を実感してもらうために費用の8割を全国通運連盟が負担する「お試しキャンペーン」を実施する。

■実施概要
<対象貨物>
@鉄道コンテナ輸送を新規に利用することを考えている貨物
A現在利用中の区間でパレット化に向けた試験を考えている貨物
Bラウンドユース輸送の新規利用を考えている貨物

<対象個数>
@は最大2個で、輸送回数は2回まで
A、Bは最大4個で、輸送回数は4回まで

<対象エリア>
国内のコンテナ取扱駅(オフレールステーション含む)を発駅及び着駅とする区間

<取扱期間>
2019年2月28日まで

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者