<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年07月04日

【流 通】大垣共立銀行 「震災時元本免除特約付融資」の取り扱い開始


大垣共立銀行は「震災時元本免除特約付融資」の取り扱いを開始した。

東海地区では南海トラフ地震の発生が懸念されており、震災対応は地域企業の課題となっている。「震災時元本免除特約付融資」は大規模地震発生時に借入元本が免除される特約が付いた「融資商品」で、企業の財務面でのリスク対策として利用を見込んでいる。

震災時元本免除特約付融資は、予め定めた震度観測点(※)において、震度6強以上の地震が発生した場合に、予め定めた割合(50%または100%)で当該融資の借入元本が免除される特約が付与されている。

※ 震度観測点:岐阜市・高山市・名古屋市・岡崎市・四日市市・彦根市・東京都千代田区
震度観測点は顧客が指定。指定した震度観測点以外で発生した地震の場合、元本免除は行われない

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通