<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年06月27日

【物 流】国交省 鉄道輸送統計月報(概要)(平成30年3月分)


国土交通省は、平成30(2018)年3月分の鉄道輸送統計月報(概要)を発表した。

貨物数量合計は4,024千トン(前年同月4,155千トン 前年同月比3.2%減)、貨物トンキロ総合計では、2,030,898千トンキロ(前年同月2,049,657千トンキロ 同比0.9%減)となった。

貨物数量のうちコンテナは、2,376千トン(前年同月2,386千トン 同比0.4%減)、車扱は1,648千トン(前年同月1,770千トン 同比6.9%減)となっている。

貨物トンキロのうちコンテナは、1,881,878千トンキロ(前年同月1,901,714千トンキロ 同比1.0%減)、車扱は149,020千トンキロ(前年同月147,944千トンキロ 同比0.7%増)となった。

運輸局別の輸送トン数では、関東が最も多く、2,239千トン(同比3.1%減)、コンテナでは近畿、中国、四国、九州が前年同月比を上回り、車扱では全地域が前年同月比を下回った。とりわけ減少したのが北海道の11千トン(同比83%減)となった。貨物トンキロでは中部が最も多く366,468千トンキロ(同比0.7%減)、コンテナでは近畿、中国、四国、九州が前年同月比を上回り、車扱では東北、関東、中部が上回った。また車扱でも、北海道は45千トンキロ(同比83.1%減)と最も減少した。

なお、貨物列車および貨物車走行キロの全国計は貨物列車キロが5,658(年度計64,018)千キロ、貨物車キロは98,522(同計1,095,467)千キロとなっている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連