<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年06月04日

【流 通】国際航業など 消防隊員の救助活動を見える化するスマートマスクを共同開発


日本アジアグループ傘下の国際航業は、最先端ICT技術を活用して消防隊員の救助活動を見える化し、消防隊員の安全性を高めるスマートマスクの共同開発に参画した。

このスマートマスクは、内蔵されたウェアラブルグラスのディスプレイ上に「後方に控える隊長からの指示」「赤外線カメラの映像」「空気呼吸器の残量」「突入からの時間経過」「方位」などの情報を表示することができる。ディスプレイ上に映し出される災害現場の情報をリアルタイムに共有することで適切な判断が可能となり、災害救助活動の支援と消防隊員の安全を実現する。

スマートマスクの開発は、日本消防設備安全センターが事務局を務める「G空間情報を利活用した救助システムおよび消防活動に関する検討会」参画企業と国際航業によって共同で行われ、国際航業はウェアラブルグラスを利用したアプリケーションの開発経験を活かし、スマートマスク上で稼働するアプリケーションおよびタブレット端末側のアプリケーションの開発を担当した。そして今回スマートマスクのプロトタイプ版の開発が完了した。今後は、実用化に向けた性能試験および耐久試験を実施し、早期の製品化を目指す。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通