<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年06月01日

【流 通】AIを活用した授業支援クラウドシステムを提供開始


キヤノンマーケティングジャパン(以下 キヤノンMJ)とキヤノンIT ソリューションズ(以下 キヤノンITS)は、AI 技術を活用した授業支援クラウドシステム「in Campus Scan」を2018年6月1日より提供開始する。このシステムはテストやレポート等の採点集計を自動化し、学習成果や成績処理の業務の効率化を実現することで教員の働き方改革を支援する。

近年、教職員の業務の長時間化が課題となっており、2017年12月に文部科学省が学校の働き方改革における緊急対策を取りまとめるなど、各教育機関では、教職員の業務分担や適正化、ITを活用した環境整備など様々な方策が検討されている。

キヤノンMJ とキヤノンITSは、2014年より、明治大学と共同で開発した授業支援システム「Oh-o! Meiji システム」をベースに独自開発した教育機関向けソリューション「in Campus Series」を展開してきた。同ソリューションは、学内情報発信の窓口となる「ポータル」と授業で利用される「LMS(学習管理システム)」を中心に他のシステムにも連携できる。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通