<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年05月15日

【流 通】日販と富士通 AIを活用した選書サービスを共同開発


日本出版販売(以下 日販)と富士通は、売場のコンセプトや客層など書店の特徴に合わせてAIが自動で選書を行う選書サービス「SeleBoo(セレブー)」を共同開発し、2018年夏より、日販から全国の取引書店向けに提供を開始する。

「SeleBoo」は「Select Book」の略で、国内で流通する約60万点の書籍から、売り場のテーマや書店の客層に合わせた書籍リストを、富士通のAIを活用したビッグデータ分析により導き出す業界初のAI選書サービスである。日販は、そのリストをもとに、全国の取引書店に書籍を提案し、書店の店頭フェアやイベントでの選書に活用することで、魅力ある店舗づくりを支援する。

今後、日販と富士通は、このサービスを通じて、出版業界における市場の活性化を図るとともに、カフェや雑貨など、他業界の商品やサービスと書籍とのマッチングによる、新たなビジネスモデルの確立も目指す。

出版業界では、若年層の読書離れや書籍の電子化が進み、大きな変革が迫られている。出版社と書店をつなぐ日販では、各書店が特徴を活かした独自性を打ち出す新たな戦略を支援するため、富士通と共同で、自社が保有する商品情報や販売実績、購買履歴などのデータをもとに、AI選書サービス「SeleBoo」を開発するに至った。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通