<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年05月15日

【知 識】SBヒューマンキャピタルとアーネスト 障がい者向けIT人材育成・就職支援


SBヒューマンキャピタル(以下、SBHC)とアーネストは、IT分野に特化した障がい者の就労支援を目的に資本業務提携契約を締結し、第三者割当増資により発行されるアーネストの株式の過半数をSBHCが取得した。

SBHCが障がい者向けIT・WEB制作のスキル習得支援で実績のあるアーネストに資本参加、業務提携をすることにより、障がい者就労支援業界で唯一、IT知識やスキルの教育、企業連携を活用したOJTトレーニング、就職先の紹介、就業後の定着支援まで、「個性を生かした自立」を一気通貫で支援できる体制を構築していく。

IT教育については、SBHC子会社のマムズラボが現在、すでに教材の企画・制作から携わっており、同組織に所属する「ITスキルのある現役子育てママ」による遠隔チャットでの個別指導の仕組みが好評のため、今後展開する全国の拠点でも同仕組みを活用していく予定となっている。この先、約3年かけて全国50カ所での開設を目指すことにより、都市、地方に関わらず近隣で学べる場所を提供し、新しい雇用機会の創出を行っていきたい考え。

また、今後の展開として、サテライトオフィスの構築・運用支援、RPAエンジニア育成プログラムの追加、障がい者エンジニアを活用した受託事業や
学習ログデータによる教育機関との連携といった取り組みも検討している。

特に「採用企業の仕事をリモートワークで行う」サテライトオフィスの構築・運用支援は、企業側にも、障がい者の方にも利用してもらいやすい環境を構築する一環で、積極的に取り組んでいく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:35| 知識