<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年05月10日

【環 境】LPガスの配送業務効率化に向けた国内初の大規模実証を名古屋で開始


ミツウロコクリエイティブソリューションズと日本電気は、LPガスの配送業務効率化につながる大規模実証を愛知県名古屋市周辺で行う。

同実証は約12ヶ月間に渡って実施し、数千世帯を対象に行うものとしては国内初であり、指針値取得の自動化、LPガス容器の配送業務効率化と物流コスト削減の具体的な効果を測定する取り組み。また、双方向通信可能な他のLPWA網を一部で利用し、保安面の強化も併せて効果測定を行う。

これまでLPガス配送事業者は、月に1〜2回人手で取得するLPガスメーター指針値や過去のガス消費実績からLPガス容器内のおおよそのガス残量を予測し、LPガス容器の配送計画を立案していた。多くのLPガス配送事業者は消費者宅に2系統(供給側の系統と予備側の系統)設置してあるLPガス容器を交互に交換し、おおよそのガス残量予測による配送で生まれる非効率な部分を許容することでガス切れのリスクを回避していた。

実証は、日次で取得した指針値により、LPガス容器内のガス残量を正確に把握し、配送業務効率化と物流コスト削減の具体効果の測定とエビデンス獲得を目指す。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 物流効率化による環境負荷低減【内容】