<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年05月09日

【環 境】パナソニック 光学設計のLEDダウンライトを発売


パナソニックは、平成30(2018)年5月1日より、さまざまな用途に対応できる高効率な「LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプ」の発売を開始した。

「LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプ」は、光学設計により大幅な電気代削減と省メンテナンスを実現させた。従来光源と比較して消費電力を約70%削減し、これにより年間ランニングコストを約18,450円抑えることができる(※1)。また、灯具の共通化による作業効率の向上や、業界最小クラス(※2)の埋込穴直径100mmサイズをラインアップ、本体質量を約半分に軽量化する(※3)など、さまざまな市場のニーズに対応している。


※1 従来品 高天井ダウンライトXNNC4116L2(生産終了品) ランプ:MF250-L/BU-SC-2 と新製品 ダウンライトXND9093N LZ9を比較した場合
※2 ダウンライトXND5530SN LZ9 器具光束5000lm以上のLEDダウンライトにおいて 2018年4月(同社調べ)
※3 埋込穴直径150mmサイズ ダウンライト1000形の従来品XNDN9934SN LZ9と新製品XND9060SN LZ9を比較した場合

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 環境配慮型施設・設備【内容】