<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年04月06日

【物 流】環境省 国際海上コンテナのヒアリ侵入防止等を事業者に協力依頼


環境省から国土交通省宛に「コンテナへのヒアリ侵入防止等に係る事業者への協力依頼について」通達が発出された。通達には、春先からヒアリの活動が活発化することを懸念し、ヒアリの生息地(中国、台湾等)を出港及び経由するコンテナ内にヒアリが侵入する危険性を低減する等の対策が示されている。これを受け、国際海上コンテナ輸送を行う事業者に対しては、特に同対策の周知徹底と協力が求められた。対策の一部詳細は次の通り。

1.荷物積込み時・出荷時
コンテナの積込前・積荷の確認…積込前は、目視で空コンテナの外部及び内部(それぞれの上面・側面・床面)を確認すること。搬入時も積荷の表面だけでなく積荷の隙間に潜り込んでいないか等の確認を行うこと

2.コンテナヤード等における確認
荷揚げされたコンテナの確認…目視により、コンテナ外部(上面・側面)にアリ類が付着していないか確認すること。

3.コンテナ開封時等における確認
・開封・積荷搬出時のコンテナの確認…開封時はコンテナ外部(上面・側面)を、搬出時はコンテナ内部(上面・側面・床面)にアリ類が付着していないか確認すること。
・積荷搬出後の確認…コンテナから搬出した積荷や梱包用の段ボール、木枠等を確認すること。また、搬出後の空コンテナも四隅や側面と床面の接合部を重点的に確認すること。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 国際物流