<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年03月15日

【物 流】第13回 日ASEAN物流専門家会合開催


国土交通省は平成30(2018)年2月28日〜3月1日にマレーシアのクアラルンプールで開催された「第13回 日ASEAN物流専門家会合」の結果を発表した。

この会合では、平成15(2003)年に創設された交通分野における日本とASEANの協力枠組みの下で、「日ASEANコールドチェーン物流プロジェクト」を推進するために「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」案についての議論及び、ASEANにおけるグリーン物流の促進を支援することを目的に、グリーン物流パートナーシップ会議のASEAN各国での展開や、グリーン物流に関するベストプラクティス集の作成についての議論が行われた。今回行われた議論の概要は以下の通り。

@平成29(2017)年9月に東京で開催された前回会合に引き続き、「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」案についての協議を行い、平成30(2018)年11月にバンコクで行われる「第15回 日ASEAN交通大臣会合」における承認に向けて、ASEAN交通円滑化ワーキンググループ会合などにおいて議論を行っていくことを確認した。

AASEANにおけるグリーン物流の促進を支援するために、ASEANにおけるグリーン物流推進のリード国であるマレーシアとともに、グリーン物流施策の推進に資する共通の枠組みの構築を目指して各国に技術支援を行い、日本のグリーン物流パートナーシップ会議をモデルとしてASEAN各国に同会議を設置していくことを確認するとともに、日本とASEAN各国のグリーン物流に関するベストプラクティス集を作成し、「第15回 日ASEAN交通大臣会合」に提出することを確認した。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 国際物流