<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年03月14日

【環 境】横浜市で事業者向け初期投資ゼロの太陽光発電システム設置事業開始


ソーラーフロンティアは、横浜市で事業者向けに初期投資0円で自家消費型太陽光発電システムを設置する事業を開始した。

設置されたシステムは、同社がメンテナンスや故障対応を行い、17年間の契約を終了すると無償で事業者に譲渡される。契約期間中は発電された電気を事業者が購入し、余剰電力は固定買取制度で同社が売電する。

今回開始された事業は、横浜市地球温暖化対策推進協議会による「横浜太陽光発電普及キャンペーン2020」の一環であり、横浜市および同協議会が目指す再生可能エネルギーへの移行の推進を目的としている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:25| 企業の取り組み【機関】