<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年03月08日

【物 流】大ト協 平成30年度 繁忙期の分散引越を依頼


平成30(2018)年2月27日、大阪府トラック協会(以下、大ト協)は、引越の利用者に対して引越繁忙期における分散引越の協力を呼び掛けた。例年3月中旬から4月の上旬の時期は、引越の依頼が集中する。さらに最近は人手不足の問題もあり、希望日に合う事業者が見つからず、スムーズな引越が出来ない場合もある。このため大ト協では、利用者に対して、円滑な引越を行うため早めの依頼・混雑時期を外しての引越の検討を求めている。

また、引越の際には「引越安心マーク」を持つ優良事業者を利用する事を推奨している。全日本トラック協会(以下、全ト協)では、利用者に安心で納得のいく良い引越をしてもらいたいという考えから、平成26(2014)年度より「引越事業者優良認定制度」を開始した。この制度は引越のルールを守る事業者を全ト協では引越優良事業者として認定し、優良事業者には「引越安心マーク」が交付される。引越のルールは以下の4点である。

@しっかり下見…事前に利用者のもとへ伺い、荷物の量などを確認して作業の段取りを提案する。

Aきちんと見積り…下見に基づいた運賃・料金を提示する。また、契約の重要書類(約款)を説明する。

B確かな作業…建物や家具などに適切な保護を行い安全に運ぶ。

Cお客様窓口を設置…万が一トラブルがあった際には、相談できる窓口を本社(本部)に設ける。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者