<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年03月07日

【環 境】日揮 ベトナム最大級のメガソーラー発電所建設プロジェクトを受注


日揮と同社の現地法人JGCベトナムは、ベトナムTTCグループ傘下のザライ電力が計画するメガソーラー発電所建設プロジェクトを受注した。

ベトナム中南部に位置するザライ省クロンパ地区に、同国最大級、出力約49 MW(交流)(ベトナムの一般家庭約47,000世帯分の年間使用電力量に相当)を有するメガソーラー発電所を建設する。ベトナム政府は、2011年に第7次電力開発計画(PDP7)を策定し、国を挙げて再生可能エネルギーの利用拡大を推し進めており、2030年までに太陽光発電の施設容量を12,000 MWに引き上げる計画である。同プロジェクトの設備から発電される電力の買い取りには、同国再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)が適用される予定である。

日揮は、2016年度からの5か年を対象とする中期経営計画「Beyond the Horizon」において、発電を中心とするインフラ分野における事業拡大を基本方針の一つとして掲げている。東南アジア地域では、メガソーラー発電所建設計画が多く進行しており、今回の受注を足掛かりに、海外法人との連携のもと、これらプロジェクトの受注に今後も積極的に取り組んでいく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 環境配慮型施設・設備【内容】