<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年02月20日

【物 流】鉄道輸送用汎用性コンテナのサイズ変更


日本鉄道貨物は、鉄道輸送用の汎用性コンテナ(5tコンテナ)のサイズ変更を発表した。平成30(2018)年3月17日のダイヤ改正により、床面高さが1,100mmのコキ50000形式コンテナ車の定期運用が終了し、全てのコンテナ車の底面高さが1,000mm以下となるため、汎用性コンテナサイズを従来の19形式(高さ:2,500mm)から20形式(高さ:2,600mm)に変更したとしている。今後は20形式コンテナを新製し、順次切り替えていく予定となっている。

汎用性コンテナのサイズの詳細については、下記の通り。

(1)両開きコンテナ
【従来】19形式
(外寸)高さ:2,500mm 幅:2,450mm 長さ:3,715mm
(内寸)高さ:2,254mm 幅:2,275mm 長さ:3,647mm
(容積)18,7立法m
(積載重量)5t

【今回】20形式
(外寸)高さ:2,600mm 幅:2,450mm 長さ:3,715mm
(内寸)高さ:2,354mm 幅:2,275mm 長さ:3,647mm
(容積)19 ,5立法m
(積載重量)5t

(2)妻側開きコンテナ
【従来】19形式
(外寸)高さ:2,500mm 幅:2,450mm 長さ:3,715mm
(内寸)高さ:2,239mm 幅:2,323mm 長さ:3,594mm
(容積)18,6立法m
(積載重量)5t

【今回】20形式
(外寸)高さ:2,600mm 幅:2,450mm 長さ:3,715mm
(内寸)高さ:2,339mm 幅:2,323mm 長さ:3,594mm
(容積)19 ,5立法m
(積載重量)5t

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者