<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年02月08日

【アジア】相鉄HD ソウル明洞に直営ホテル出店

相鉄ホールディングスのSotetsu International Korea〔相鉄インターナショナル韓国 〕が、2018年(平成30年)2月にソウル明洞(ミョンドン)地区に直営ホテルのアジア1号店を出店する。

出店予定地は、韓国・ソウルにおいてビジネスとショッピングの中心である明洞エリアに位置しており、人気の観光スポットである南大門にも近いことから、レジャーやビジネス、インバウンドなど幅広い利用客を見込むホテルを目指す。現在、韓国のHotel Mが所有し「ゴールデンチューリップMホテル」として運営されている物件を、相鉄インターナショナル韓国が賃借し、自社ブランド(ホテルブランド名は未定)として運営する。アジア直営ホテルとしては初出店となる(フランチャイズを含めると、サンルート台北に続き2店舗目)。

相鉄グループは、宿泊特化型ホテル事業を積極的に展開しており、今後も韓国・ソウルへの複数店舗展開を目指すとともに、ベトナム・ホーチミンや台湾など、引き続きアジアを中心に進出の検討を進める。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:30| アジア