<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年02月05日

【アジア】DDC マレーシアにソリッドコンパウンド技術センター・アジアパシフィック開設

DICは、PPS(ポリフェニレンサルファイド)コンパウンドや樹脂用着色剤などのコンパウンド事業において、東南アジアや南アジアの市場に適した製品の開発・改良や技術サービス体制の強化を目的として、マレーシアに「ソリッドコンパウンド技術センター・アジアパシフィック」を開設した。同センターは、コンパウンド製品を生産する100%子会社のDIC Compounds(Malaysia)Sdn. Bhd.(以下、DCM)の敷地内に設置し、2017年1月より本格稼働を開始した。

PPSコンパウンドは、耐熱性、耐薬品性に優れることから自動車のエンジン周辺部材などに使用されている。ハイブリッドカーや電気自動車を中心に軽量化を目的とした金属材料からの代替、エンジンのダウンサイジングによる要求特性の高度化から、従来車と比較して一台あたりの使用量は飛躍的に増加し、同地域で年率約7%の市場成長が見込まれている。

また、樹脂用着色剤は、日用品や食品向け包装資材や各種フィルムなどに幅広く多用されており、生活レベルの向上などを背景に、同地域での日用品市場成長については年率4%程度と見込まれている。

これまで、DCMでは、開発・改良を主に日本で行ってきた。今回、エンジニアリングプラスチックに対応した射出成型機や物性評価用の設備を新たに導入し、同地域顧客のニーズに対しタイムリーに対応できる体制を整えた。これにより製品の開発・改良から技術サービスまでを、同地域で一貫して行えるようになる。

ソリッドコンパウンド技術センター・アジアパシフィックは、コンパウンド関係の技術拠点としては、日本、中国、欧州に続く4拠点目となるが、顧客に密着した対応を強化し、信頼を獲得することで事業を着実に拡大させていきたいと考えている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:30| アジア