<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年01月17日

【知 識】農業を通じた地方産業活性化と地方創生に向けた業務提携

東京海上日動火災保険と、ファーム・アライアンス・マネジメント(以下「ファームアライアンス社」)は、「農業を通じた地方産業の活性化と地方創生の推進に向けた連携と協力に関する協定」を締結することとした。この提携により、両社は日本国内農業者の経営品質向上や輸出を含めた農産品の販路拡大に貢献し、農業を通じた地方創生の推進に努める。

東京海上日動火災保険は、2016年7月に地方創生室を設置し、地方創生への貢献を通じて地方と共に成長することを目指し、各種取組みを行っている。

地方経済の活性化の重要な核であり、地方産業の基盤の一つである農業分野は、人口減少に伴う国内市場縮小の見通し、農業就業人口の高齢化、国内農業生産額・生産者数の減少といった厳しい環境にある。このため、農業経営の効率化に加え、今後食糧需要の拡大が見込まれる世界市場に通用する安全管理や、持続可能性に配慮した農業への転換も、今後の成長において重要な取組みになってくると考えている。

ファームアライアンス社は、農産物の生産・流通における国際認証の取得支援と、クラウドコンピューティングによる生産情報管理システムの提供を通じた農業経営の合理化、さらには農業に関わる金融面について、高い専門性を有している。

東京海上日動火災保険では、従来より、農業事業者向けにリスクをまとめて補償できるパッケージ保険や、事業を取り巻くリスクを総点検できる農業リスクコンサルツールなどの提供を通じて農業の活性化に支援をしてきたが、今般、農業事業者に対して独自のソリューション提供を進める農業ベンチャーであるファームアライアンス社と連携・協力することで、地方の農業の成長をさらに支援していく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:35| 知識