<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年01月10日

【物 流】ドライバーから見た高速道路マナーランキング


NEXCO西日本は、平成29(2017)年1月から11月までの高速道路利用マナーに関する利用者の声の状況について、とりまとめを発表した。同期間におけるNEXCO西日本お客さまセンターやサービスエリア・パーキングエリア(以下「SA・PA」)の主なインフォメーションに届いた302件の問い合わせの内、特に多かった上位10項目は以下の通りである。

1位 SA・PAでの指定駐車マス外への駐車(駐車マナー)110件
2位 道路路肩などへのゴミのポイ捨て27件
3位 SA・PA内での逆行(走行マナー)19件
4位 危険な走行速度(走行マナー)16件
5位 加減速車線での駐停車(駐車マナー)14件
6位 危険な車線変更(走行マナー)14件
7位 喫煙場所以外での喫煙、たばこのポイ捨て(喫煙マナー)12件
8位 SA・PAでの犬のリードなし散歩(飼い主マナー)11件
9位 スマホ操作など「ながら」運転(走行マナー)10件
10位 トンネル内でのヘッドライトの不点灯など(走行マナー)9件

この内、上位3項目が全体に占める割合は約5割に達しており、大型車マスに小型車が駐車することで駐車することができなかったとの意見や、ランプ部や高速道路の路肩等の場所においてゴミのポイ捨てが多く見受けられること、SA・PA内で進行方向とは逆方向へ走行する車がいるといった問題等が報告されている。

こうした問題に対処するべくNEXCO西日本では、利用者の声をもとに各種マナー向上に関する啓発活動を行うほか、案内看板を追加する等といったサービス向上に関する取り組みを行っている。

NEXCO西日本からは、高速道路の走行にあたって、1.安全速度を守る 2.十分な車間距離をとる 3.割り込みをしない 4.わき見運転(スマホ操作などのながら運転)をしない 5.路肩走行をしない の5つのマナーの遵守を呼び掛けており、SA・PAでの駐車マナーに関しては、指定の駐車マスへの注意喚起や駐車場整理員の配置によって対応を行っている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| その他