<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年12月22日

【環 境】CIS系薄膜太陽電池セルで世界最高変換効率22.9%を達成

ソーラーフロンティアは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究を通して、CIS系薄膜太陽電池のセル(約1平方cm)において、薄膜太陽電池全体の世界最高記録となるエネルギー変換効率22.9%を達成した。

今回記録した値は、バーデン・ヴュルテンベルク州太陽エネルギー水素研究センター(ZSW)が2016年2月に達成した0.5平方cmセルでの世界最高記録(22.6%)も0.3ポイント上回った。

この成果は、CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理の改善等の技術により達成されたものであり、同社のCIS薄膜太陽電池技術が着実な進歩を遂げていることを示している。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 環境