<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年12月22日

【流 通】地方の耕作放棄地・遊休農地の企業向けレンタル事業開始

JTBコーポレートセールスと、農業ITベンチャーであるファームフェス(以下 FARMFES)は、協業で、地方の耕作放棄地や遊休農地を都市の企業向けにレンタルし地方創生に貢献するプロジェクト「RE FARM」より販売開始した。

現在、地方では高齢化や過疎化に伴う営農人口の減少により、今後農地として利用される予定のない耕作放棄地が年々増加し、農村環境への影響が社会課題にもなっている。一方、都市の企業においては、職場環境の多様化や働き方改革の浸透により、社内行事や職場旅行の見直し、福利厚生メニューの充実などの動きが活発になっている。

JTBコーポレートセールスでは、こうした地方と都市の課題をマッチングし、新たな交流を創造するため、FARMFESが契約する農場を使った企業向けの「RE FARM」プロジェクトを開発、販売した。同プジェクトは比較的大規模な農園を、企業向けに特化して企画したプログラムが特徴で、企業は農場の命名権、現地での大人数での収穫体験や農家との交流、収穫物の受け取りなどのサービスを受けることができる。また、農場は現地の農家により通年管理されるため、通常時の負担はなく、専用Webページで農家とのコミュニケーションも可能である。

「RE FARM」を通じて、企業に対しては職場旅行や社員の家族旅行、収穫物の社員への贈呈といった福利厚生メニューとして活用するだけでなく、企業の地域貢献といった社会貢献活動としての価値も提供する。また、地方に対しては耕作放棄地の増加を防ぐと同時に、都市からの人流の創出、交流を創造することにより、地域活性化の場を提供する。

プログラムの第1弾は、都心部から車で約2時間の山梨県の八ヶ岳地域の農場からスタートし、今後は全国10拠点を開発し、その地域ならではの体験コンテンツなどを企画する。また、企業にゆかりのある地域でオリジナルの農場を開発するなど、オーダーメイドで様々な要望に応える。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通