<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年12月20日

【環 境】日通 グリーン物流パートナーシップ国土交通大臣表彰を受賞


日本通運は、平成29(2017)年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰において「アサヒビール、キリンビール物流分野における協業拡大」で「国土交通大臣表彰」を受賞した。

グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰は、国土交通省・経済産業省・日本ロジスティクスシステム協会・日本物流団体連合会が主催するグリーン物流パートナーシップ会議により、物流分野における環境負荷の低減や物流の生産性向上等により、持続可能な物流体系の構築に顕著な功績があった事業者に対して毎年実施されている。

平成29(2017)年1月、アサヒビール、キリンビールは環境負荷の低減とトラック不足等の社会的課題の解決を目的に、石川県金沢市に日本通運が運営する共同配送センターを開設、関西エリアの工場からの鉄道コンテナによる共同配送を開始した。

日本通運は発駅の吹田貨物ターミナル駅で両社製品を受託し、日本貨物鉄道が関西~北陸間の往復輸送量の差により発生する空コンテナを有効活用し、鉄道で輸送している。

この協業を通じて、年間1万台相当の長距離トラック輸送を鉄道コンテナにモーダルシフトし、年間約2,700tのCO2削減を実現する見込みである。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:25| 物流会社の取り組み【機関】