<< 前のエントリ合通のトップページへ
2017年12月11日

【物 流】国交省 先進船舶導入等計画策定に向け調査事業支援6件を決定


国土交通省は先進船舶の研究開発・製造・導入に係る計画策定のための調査事業に関し、6件の事業支援を決定した。

先進船舶とは運航の効率化・環境負荷低減などの運送サービスの質を向上させることが出来る船舶であり、船舶や船用機器のインターネット化(IOT)、ビッグデータを活用した安全性と効率性の高い船舶「IOT船舶」や液化天然ガス等の環境にやさしい「代替燃料船」を指している。同件は2017年10月2日から13日までの間に案件募集を行い、下記6件の先進船舶導入等策定調査支援事業として決定した。

@タグボートの遠隔操船システムに関する研究の調査事業
A低環境負荷船(LNG燃料船)に関する建造計画策定のための調査事業
B機関管理のIOT化に係る研究開発計画策定のための調査事業
Cガス燃料船に係る研究開発計画策定のための調査事業
D船舶用ポンプ状態診断に関する研究開発計画策定のための調査事業
E液化石油ガス(LPG)燃料に関する導入計画策定のための調査事業

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連