<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年12月01日

【アジア】西鉄 ベトナム・ハイフォン市で住宅開発


西日本鉄道は、ベトナム・ハイフォン市で、Vietnam Singapore Industrial Park and Township Development JOINT STOCK COMPANY(以下 VSIP JSC)との共同事業による住宅開発をする。

ベトナム北部最大の港湾都市であるハイフォン市は、人口が約200万人で日系企業の進出も多く、堅調な経済成長と人口増加が続いており高い住宅需要が見込まれている。

西日本鉄道はこれまで、現地のデベロッパーや日系企業と共に、ベトナム・ホーチミン市において4件の住宅開発プロジェクト、インドネシアにおいてはジャカルタ近郊での戸建住宅・商業施設の複合開発プロジェクトに参画してきた。

出資比率は西鉄70%、VSIP JSC30%で、西鉄としては初めてのマジョリティ出資となる。これまで日本やホーチミン市での住宅開発プロジェクトで得た知識と経験を活かし、VSIP JSCが開発を進める約1,600haの大規模工業団地「VSIP ハイフォン」内の一角(約9.5ha)において、分譲タウンハウス(連棟式住宅)458戸と戸建住宅61戸の開発を主導していく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:30| アジア