<< 前のエントリ合通のトップページへ
2017年11月20日

【物 流】平成29(2017)年8月分 鉄道輸送統計月報


国土交通省は、平成29(2017)年8月分の鉄道輸送統計月報の概要を発表した。

鉄道貨物輸送量は、3,537千トン(前年同月比 3.7% 増)、1,671,272千トンキロ(同比 4.8% 増)であった。

コンテナ・車扱別で貨物輸送量を見ると、コンテナ全体では1,947千トン(同比 5.5% 増)、1,548,167千トンキロ(同比 5.2% 増)であった。車扱全体では1,590千トン(同比 1.5% 増)、123,105千トンキロ(同比 0.2% 減)であった。

地域別での貨物輸送量は、輸送トン数では関東への輸送が最も多く1,966千トン(同比 3.0% 増)、発送トン数でも同様で関東が最も多く1,300千トン(同比 3.6% 増)であった。貨物トンキロでは中部が最も多く292,941千トンキロ(同比 3.1% 増)であった。

走行キロでは、貨物列車が全体で5,037千キロ、地域別では関東が最も長く917千キロであった。貨物車は全体で85,055千キロ、地域別では東北が最も多く15,866千キロであった。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連