<< 前のエントリ合通のトップページへ
2017年10月31日

【物 流】平成29年度第1回物流環境対策委員会を開催


日本物流団体連合会は、平成29(2017)年度の第1回物流環境対策委員会を開催した。

委員会開催に先立って「東京2020大会の安全、円滑、迅速な輸送の実現に向けて」をテーマとした講演会が開かれ、多数の会員企業が参加した。講演会では、東京オリンピック・パラリンピックの輸送運営計画についての基本的な考え方や検討の方向性の他に、過去に開催されたリオデジャネイロ大会やロンドン大会等の事例と比較し、東京2020大会における輸送の特性や課題、今後の進め方についての説明がなされた。
 
物流環境対策委員会は、同年度上期の活動について、国土交通省から「物流を考慮した建築物の設計・運用について〜大規模建築物に係る物流の円滑化の手引き〜」が公表されたことにより大規模施設対策等小委員会の活動を終了したことや、第18回物流環境大賞についての表彰結果等が報告された。
 
同年度下期の活動については、第4回モーダルシフト最優良事業者賞(大賞)の表彰式を11月下旬に開催することや、第19回物流環境大賞を12月より募集を開始すること等を予定している。また、引き続き環境省主催のCOOL CHOICE「低炭素物流作業グループ」に参画していくことが説明されて今後の活動計画は原案通り了承された。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者