<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年10月25日

【環 境】IHI、世界で初めて 大型舶用低速エンジンの燃費を改善する可変圧縮比機構を開発


IHIは、グループ会社であるディーゼル ユナイテッドと共同で、大型舶用低速エンジンの燃費を大幅に改善できる可変圧縮比機構(Variable Compression Ratio system,以下「VCR機構」)を世界で初めて開発した。VCR機構を大型舶用低速エンジンに用いることで、エンジン出力や使用燃料に応じた最適の圧縮比に調整でき、船舶運航時の燃料費と排ガスの削減に大きく貢献する。さらに船舶用燃料の選択肢拡大にも寄与できる。

一般にエンジンは、圧縮比が高いほど燃費が良くなり、従来のエンジンでは構造上、圧縮比は固定されているため、燃費改善は限定されていた。しかし、今回開発したVCR機構は、油圧シリンダをピストン棒下部に組み込み、燃焼室の容積を調整することで、エンジン出力に応じた最適圧縮比へ自由に変更でき、これにより燃費が大幅に改善され、運航条件によっては、年間最大で1億円程度の燃料費削減が期待できる。

また、燃料成分が細かく規格化されていない船舶用燃料では、最適な燃焼を得るために、成分に応じた異なる圧縮比が必要となるが、VCR機構を採用することで、燃料成分に応じた最適圧縮比でエンジンを運転でき安定した燃焼が得られ、信頼性向上や排気の浄化が可能となり、環境面においてもVCR機構を採用することによる燃費改善に伴い,さらなるCO2の削減が可能となる。規制が強化されている排気中の窒素酸化物(NOx)の排出率についても、電子制御エンジンの特徴との組み合わせにより、国際規制値をクリアできる。VCR機構が搭載されている大型舶用エンジンを使用することで、いかなる条件においてもエンジン出力に最適化した燃費の良い安定した運転が可能となり、航行計画の自由度も大幅に拡大する。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 環境配慮型輸送用機器【取り組み内容別】