<< 前のエントリ合通のトップページへ
2017年10月02日

【物 流】平成28(2016)年分 関東輸送動向


関東運輸局は平成28年(2016年)度の関東輸送動向概要を発表した。平成28年度の各モード別実績は下記

の通りである。

@ 鉄道(JR貨物の管内発貨物の荷動き)
・車扱貨物  輸送量5,498千トン(前年度比3.1%増)
・コンテナ貨物 輸送量5,364千トン(同比 2.8%増)

A トラック(自動車貨物の荷動き)
・特別積合せ貨物 輸送量1,716千トン(同比1.1%減)
・一般トラック  発着貨物輸送量月当たり平均値 4.7ポイント(同比8.2ポイント増)
・宅配貨物  取扱個数940,917千個(同比8.9%増)
・トラックターミナル 取扱量213,652トン(同比0.3%減)

B 海運
・長距離フェリー トラック航走台数225,932台(同比13.7%増)
・湾内フェリー  トラック航走台数 1,414台(同比27.6%減)
・内航貨物船  輸送量 53,924千トン(同比1.9%減)

C 港運
・横浜港 外航船輸出入82,426千トン(同比2.5%減)、内航線移出入3,956千トン(同比4.4%減)
・東京港 外航船輸出入56,575千トン(同比3.0%減)、内航線移出入3,421千トン(同比0.6%増)
・千葉港 外航船輸出入19,141千トン(同比0.9%減)、内航線移出入9,426千トン(同比2.9%減)

D 航空
・成田空港 国際線輸送量613,564トン(同比7.0%増)、国内線輸送量733,520トン(同比3.9%増)
・羽田空港 国際線輸送量722,010トン(同比4.3%減)、国内線輸送量457,504トン(同比36.2%増)

E 倉庫
・普通倉庫 入庫高8,353千トン(同比2.4%増)、月末保管残高1,542千トン(同比0.5%減)
・冷蔵倉庫 入庫高2,855千トン(同比1.8%増)、月末保管残高 472千トン(同比2.4%減)

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連