<< 前のエントリ合通のトップページへ
2017年10月02日

【知 識】DeNA 神奈川県タクシー協会と共同でタクシー配車アプリの実用実験を実施


DeNAは、AIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験を横浜市と神奈川県タクシー協会の協力の下、横浜市の限定エリアを対象に2017年9月12日から10月31日まで実施している。

この実用実験は、横浜市の中区、西区及びJR横浜線沿線(東神奈川〜長津田)周辺のエリアを対象として2017年9月12日から10月31日まで実施し、乗務員専用端末を搭載したタクシー約200台(1日に走行する車両は100台程度)が走行する。乗客と乗務員による実利用を通じてサービス利用体験上の課題を明らかにし、実用性の高いサービス設計へ繋げることを目的としている。神奈川県内において、2018年1月以降での実用化を目指している。また、神奈川県以外の地域へも順次導入を検討している。

将来的には、タクシーと乗客のマッチングを効率化し、乗りたい時にもっと早くタクシーが見つかる環境を目指すとともに、タクシーの新たな需要を掘り起こすことにより、更なる深刻化が想定されるタクシー乗務員の労働力不足の課題解決への貢献を目的にしている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:35| 知識