<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年08月04日

【環 境】サントリーグループ 国産商品で「FSC認証」の紙製包材を順次採用


サントリーグループは、国産商品において国際的な森林管理認証FSC認証を取得した紙製包材を順次採用することを目指している。その第一弾としてサントリー食品インターナショナルは「サントリー天然水」にFSC認証取得ダンボール包材を8月上旬製造分から採用開始する。同社は平成29(2017)年5月に国内飲料メーカーとして初めてダンボールのFSC-COC認証を取得した。

さらに、サントリービールもノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー コラーゲン」を皮切りに「オールフリー」ブランドに秋以降順次採用するなど、FSC認証を取得した紙製包材の採用を進めていく。

FSC(Forest Stewardship Council・森林協議会)は 木材を生産する世界の森林と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスを認証する国際的な機関である。FSC認証は、森林の環境保全に配慮し、森林のある地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられる。 FSC認証は、森林そのものに対する「FM認証」と加工・流通過程の管理方法に対する「COC認証」の2種類が存在する。「COC認証」にはダンボール紙、板紙や印刷物など約40種類のグループがあり、今回P4(ダンボール紙、板紙)で認証を取得した。

サントリーグループは、企業理念に掲げる「人と自然と響きあう」のもと、「水と生きるSUNTORY」をコーポレートメッセージとして、環境経営を推進していく。業界に先駆けた包材の軽量化をはじめ、「天然水の森」での森林保全活動や次世代環境教育「水育(みずいく)」など、さまざまな活動を展開していく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:55| 環境負荷低減【取り組み内容別】