<< 前のエントリ合通のトップページへ
2017年06月27日

【物 流】2016年度 近畿運輸局管内5港における船舶積卸し実績


国土交通省近畿運輸局は、管内5港(大阪港、阪南港、舞鶴港、宮津港、和歌山下津港)における2016年度の荷役実績(船舶積卸し実績)を公表した。なお同実績は、港湾運送事業報告規則に基づき港湾運送事業者から毎月提出されている実績報告を集計したものである。同実績の概要は以下の通り。

@管内5港合計
船舶積卸し実績合計:11,738万トン(前年11,455万トン 前年比102.5%)

A大阪港(※堺・泉北港を含む)
船舶積卸し実績合計:9,331万トン(前年9,237万トン 前年比101.0%)
<主要貨物>コンテナ:7,289万トン(前年7,194万トン 前年比101.3%)

B阪南港
船舶積卸し実績合計:50万トン(前年51万トン 前年比98.1%)
<主要貨物>鉱産品(主にその他の鉱産品):16万トン(前年15万トン 前年比101.0%)
 
C舞鶴港
船舶積卸し実績合計:563万トン(前年488万トン 前年比115.3%)
<主要貨物>鉱産品(主に石炭):479万トン(前年422万トン 前年比113.5%)

D宮津港
船舶積卸し実績合計:52万トン(前年 47万トン 前年比109.7%)
<主要貨物>鉱産品(主に金属鉱): 52万トン(前年47万トン 前年比109.8%)

E和歌山下津港
船舶積卸し実績合計:1,743万トン(前年1,633万トン 前年比106.7%)
<主要貨物>鉱産品(主に金属鉱・石炭):1,253万トン(前年1,209万トン 前年比103.6%)

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 行政関連