<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2017年03月10日

【環 境】JR東日本グループ バイオガス化による食品リサイクル事業に参入


東日本旅客鉄道と東日本環境アクセスはJFEエンジニアリング及びJFE環境との共同出資により、Jバイオフードリサイクルを設立した。新会社は、食品リサイクル施設を建設し、食品廃棄物をメタン発酵処理する過程で発生するバイオガスを利用して発電を行う。

発電した電力はFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を活用するほか、排熱の一部を施設内で有効利用する。本事業は、焼却処分によらない微生物の働きによって再生可能エネルギーを創出するもので、CO2排出量を削減し地球温暖化に貢献する。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:55| 廃棄物処理、3R活動 【取り組み内容別】