<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2016年10月19日

【環 境】東京都市大学 CRI(温熱環境形成寄与率)利用の温度予測手法を開発


東京都市大学は、東京大学生産技術研究所・自動車技術会とともに、空間の温度に対する各熱的要素の影響度を分析する指標「CRI(温熱環境形成寄与率)」を利用して簡単に社内の温度を予測できる手法を開発した。

カーエアコンは設置場所と使用者の位置関係が基本的に決まっており、使用者に対する影響も一定であると見なせるため、エアコンの吹出温度・風速、日射等のCRIを事前に計算しておけば、条件変化に応じてCRIを足し合わせるだけで温度の予測が可能になる。

同手法を用いることで、車内の快適性・省エネ性が向上され、ガソリン車においては環境負荷低減、電気自動車においては航続距離が改善され普及促進が見込まれる。さらに、最適なカーエアコンの位置を提案できるため、速やかで効率的な自動車開発にも貢献できる。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:20| その他の機関の取り組み 【機関別】