<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2016年10月14日

【環 境】東京都 「ふくのわプロジェクト」を開始


東京都は、平成28(2016)年度の「『持続可能な資源利用』に向けたモデル事業」の一環で、まだ着られる衣類の回収・リユース活動「ふくのわプロジェクト」を平成28(2016)年10月6日に開始した。「ふくのわ」とは「服の輪」「福の輪」と、布がリユースされて長く使われるよう願う造語「布久の輪」の3つの意味を込めて産業経済新聞社が作成した造語。

「ふくのわプロジェクト」では、古着の買取販売業者と連携し、家庭で眠る「まだ着られる衣類」を宅配便やイベント会場で回収することにより衣類のリユースを促進し、収益は、障害者のスポーツを支援する団体、日本財団パラリンピックサポートセンターに寄付する。

この他に、デファクトスタンダードが展開するブランド品の買い取りサービス「ブランディア」とも連携した取り組みも開始している。
回収イベントは東京サンケイビルの「秋まつり」(平成28(2016)年10月31日〜平成28(2016)年11月4日)会場で開催する。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:20| その他官公庁関係の取り組み 【機関別】