<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2013年01月09日

【環境】環境省 平成23年度の温室効果ガス排出量発表

 環境省は、平成23(2011)年度の温室効果ガスの総排出量を、速報値でとりまとめ発表した。平成23(2011)年度の総排出量は、二酸化炭素換算で13億700万トンであり、京都議定書の規定による基準年である平成2(1990)年度の総排出量(12億6,100万トン)から3.6%(4,600万トン)増加している。また前年度と比べると、3.9%(4,900万トン)増加している。

 運輸部門における二酸化炭素排出量は2億3,000万トンであり、基準年と比べると5.8%(1,260万t-CO2)増加しているが、前年比では0.8%(200万t-CO2)減少している。運輸部門では、平成2(1990)年度から平成13(2001)年度までは増加傾向であったが、その後は減少傾向が続いている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:25| 環境省の取り組み 【機関別】