<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2008年07月04日

【物流】日貨協連、【WebKIT】運賃入力を必須化

日本貨物運送協同組合は、6月26日のネットワークWebKIT事業委員会において、「WebKIT」の荷物情報登録時の運賃入力に関して必須化することを決定した。また、10月1日の委員会までには、ワーキングを開催しシステム変更などの詳細まで正式に決定する意向である。

以前の必須入力項目としては、荷物種類、荷物重量、車輌種別、荷台長さ、積み合せの可否などがあったが、運賃入力に関しては荷物情報登録者側の判断に任せていた。しかし運賃が入力されていないことにより、運賃交渉における無駄な時間が発生している現状を踏まえ、今回利便性を高めるためにも必須化へと踏み切った。

尚、6月24日現在WebKIT登録者として、協同組合144、組合員1,504、追加ID536の合計2,184が加入業者となっている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 10:04| web事業